ジャパンネット銀行の口座開設手順

ジャパンネット銀行は、主に三井住友銀行、ヤフーが出資している大手ネットバンクです。

セキュリティーも完璧で、一度だけ有効なパスワードが表示されるトークンといわれるものを使用しています。

ポイントサイトを利用している場合には、ネットバンクの利用が非常に便利で、楽天銀行などもそうなんですが、ジャパンネット銀行は、換金手数料や最低換金額の面で優遇されています。

また、ジャパンネット銀行の口座開設する場合は、ポイントサイトを経由して作るとかなりお得になるのでおすすめです。

個人的には、i2iポイントというポイントサイトを利用するのがおすすめです。

というのは、i2iポイントでジャパンネット銀行の口座開設をすると、還元率が業界でもトップクラスのほか、i2iポイントで口座開設をして換金先に設定することで、換金のたびに50円上乗せされるので非常にお得です。

この記事ではi2iポイントを経由して、ジャパンネット銀行口座を開設する手順について書いていきます。

ジャパンネット銀行の口座開設方法

では、i2iポイントを経由してジャパンネット銀行の口座を開設していきます。

もちろん、他のポイントサイトを経由してもお得に作れますよ(ˆˆ)

i2iポイントにログインして、ジャパンネット銀行と検索して広告を利用します。

i2iポイントは、ジャパンネット銀行の口座開設での還元率が非常に高く設定されています。

この広告を利用して、「ポイントを貯める」をクリックすると、ジャパンネット銀行の口座開設ページにいきます。

上記のような画面(変わる可能性アリ)にいくので、「普通預金口座を申し込む」をクリックして、登録情報を入力していきます。

さすがに銀行口座の開設だけあって、個人情報はかなり入力しなくてはなりません。

まずは、キャッシュカードの選択をします。

  1. 情報を入力
  2. 確認
  3. 書類送信
  4. 完了

の順番で進みます。

  • 漢字氏名
  • カナ氏名
  • ローマ字氏名
  • 性別
  • 生年月日

以上を入力して次へ進みます。

  • 自宅住所
  • 電話番号
  • メールアドレス

まぁ、当然といえば当然なのですけど、自宅住所や電話番号などの細かい個人情報を入力する必要があります。

  • 職業
  • 勤務先名
  • 勤務先電話番号
  • 利用予定のサービス・商品
  • 口座開設の動機

職業の選択をして、勤務先などの情報を入力します。

主婦の方や学生の方は、勤務先の情報については必要ないと思います。

利用予定のサービス・商品や口座開設の動機については、ドロップメニューから選択します。

以上で入力する項目は完了です。

次に書類送信の方法を選択していきます。

私は日本人です的なやつに同意して、本人確認資料の送付方法を選択します。

個人的なおすすめは、カードが届くのが早いスマートフォンアプリを利用して送信する方法です。

ここからはアプリでの書類送信について書いていきます。

書類送信アプリで送信

本人確認資料の送信方法を選択して申し込みを完了します。

スマホアプリを選択した場合は、推奨環境や機種を確認してから「上記の内容で申し込み」をクリックしてください。

入力内容を確認したら、受付番号が表示されます。

この受付番号は、書類送信アプリに入力するために必要になるのでメモしておきましょう。

では、ここからはスマートフォンアプリをダウンロードして本人確認書類を送信していきましょう。

アプリは、iPhoneの場合はApp Store、Androidの場合はGoogle playから「書類送信」でダウンロードできます。

一応リンクを貼っておきます

ジャパンネット銀行「書類送信アプリ」

アプリをダウンロードしたら開いてください。

アプリを起動したら、先ほどメモしておいた受付番号を入力して、名前を全角カタカナで入力し、生年月日を入力します。

次に本人確認書類の選択をしていきます。

本人確認書類は、運転免許証またはカード型健康保険証の表、裏をアプリで撮影します。

アプリ経由で撮影したものしか受け付けていないので注意してください。

また、撮影時はぼやけないようにしましょう。

表面、裏面と撮影して送信したら口座開設の手続きは完了です。

あとは、キャッシュカードとトークンが届いたら初期設定をしていきます。

とりあえず、これで一応完了です。お疲れ様でした(ˆˆ)

ジャパンネット銀行口座の初期設定

キャッシュカードが届いたら、最初に一度だけ初期設定をしなければ口座が利用できないので設定していきます。

PCからでもスマホからでも設定できます。

ジャパンネット銀行のホームページにアクセスして、「はじめてのログイン」をクリックしてください。

ジャパンネット銀行

キャッシュカード表面に記載の

  • 店番号
  • 口座番号
  • 初期設定番号

を入力して「はじめてのログイン」をクリックしてください。

次にログインパスワードを設定していきます。

半角英数記号で6文字~32文字で設定してください。

ログインやATM利用で使用する暗証番号を数字4桁で設定していきます。

ログインパスワードと暗証番号は、今後の取引に必要になるので忘れないようにしましょう。

次にトークンのシリアル番号とワンタイムパスワードを入力していきます。

トークンとは、インターネットバンキングで使用するワンタイムパスワードを表示するカードです。

トークン裏面のシリアル番号を入力して、表面の電源ボタンを押して表示されたワンタイムパスワードを入力して、「設定」をクリックします。

これで初期設定は完了です。お疲れ様でした(ˆ∇ˆ)

ジャパンネット銀行口座を利用して取引ができるようになりました。

まとめ

さすがに銀行口座の開設だけあって、仕方ないですけど、入力する項目が多くてしんどいですね(ˆˆ;)

ただ、ジャパンネット銀行は日本でも最大手のネットバンクなので、セキュリティー面においては非常に安全です。

また、ATM利用手数料が毎月1回(入金・出金それぞれ1回)無料になり、2回目以降は、3万円以上の入出金なら何度でも無料になります。

そして、手数料がかかるものの、Tポイントを現金化できる唯一の銀行でもありますね。

Tポイントをジャパンネット銀行へ現金交換する方法

ジャパンネット銀行は、楽天銀行と同様ポイントサイトと非常に相性がよく、

ポイントサイトの換金先をジャパンネット銀行に設定することで、換金手数料や最低換金額が優遇されるといった特徴があります。

中でも冒頭でも書きましたが、i2iポイントで口座開設して換金先に設定することで、換金のたび(月1回まで)に50円プラスされて支払われます。

もちろん、私もi2iポイントでジャパンネット銀行の口座開設をしましたよ(ˆˆ)

i2iポイントは、アクセス解析でも有名な企業、株式会社エムフロが運営しているポイントサイトなので安心して利用できますし、

ログインやガチャで毎日ポイントがもらえるのでおいしいサイトです(ˆ∇ˆ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加