medi8(メディエイト)のアドゾーン(広告枠)申請から広告タグ取得まで

medi8(メディエイト)は、インプレッション(広告表示回数)によって収益が上がると評判のアフィリエイトサービスです。

クリック報酬型とは少し違っていて、CPMという課金モデルで、広告1,000回表示につき報酬が発生する仕組みとなっています。

今回は、そのmedi8(メディエイト)の広告タグ取得方法までを詳しく説明していきます。

【重要】
2018年6月末日をもってmedi8のサービスが終了します。2018年4月1日以降新規登録することはできなくなります。

アドゾーン(広告枠)の申請

まずは、アドゾーン(広告枠)を登録していきます。

少しややこしくて、申請が却下となるケースがあるので、しっかりと登録していきましょう。

では、medi8(メディエイト)にログインしてください。

トップページの「メディア一覧」をクリックしてください。

メディア一覧ページが表示されたら、一番下までスクロールして、Zoneの部分の数字(初期段階であれば0になっているはずです)をクリックしてください。

次のページでまた一番下までスクロールしていき、「新規Zoneを登録」をクリックしてください。

次からは申請するアドゾーン(広告枠)の情報を入力していくのですが、少しややこしいのでなるべく分かりやすく説明していきます。

まず、自分のサイト名を確認して「ゾーン名」を登録します。これは自分が分かりやすい任意の名前で良いです。

続いて基本情報を入力していきます。1つずつ説明していきます。

ゾーンの配信先代表URL:自身のサイトURLを正確に入力してください。

メディアタイプ:PCで表示するのであればPCweb、スマホであればMobile optimized webを選択してください。基本PCwebで問題ないと思います。

ゾーンタイプ:ここはスタンダードバナーを選択してください。メディアタイプでMobile optimized webを選択している場合は、オーバーレイ広告(スマホ画面で追尾してくる広告)を選択できます。

サイズ:広告のサイズを選択するのですが、以下のサイズ以外を選択すると却下されるので注意してください。

PC:728×90/300×250/160×600/120×600/468×60

モバイル:320×50/300×250/320×100

アダルト要素を含む:アダルトサイトであればチェックを入れてください。

SSLを利用する:SSLを利用しているサイトであればチェックを入れてください。

広告位置:Unknown・Header・Under the article・Sidebar・Footerの中から広告を貼る位置を選択してください。貼る位置が決まっていない場合は、とりあえずUnknownを選択しておけば問題ないですし、承認されてからでも変更することはできます。

ファーストView:ページが表示されたときに広告が表示される場合はチェックを入れてください。広告位置でHeaderを選択している場合はチェックを入れる必要があります。

大カテゴリ、中カテゴリ:お好きなものを選択してください。

主要在庫地域:ここは日本を選択しておけば問題ないです。

あとはデフォルトのままで一番下の「登録」をクリックで完了です。

登録が完了すると「審査中」に変わるので、審査が完了(3~4営業日)するまで待ちましょう。

審査に結構時間がかかるので、アドゾーンの申請は一度に3~4個程度申請しておくことをおすすめします。

広告タグの取得

アドゾーンを申請して、審査が完了するとmedi8(メディエイト)から承認メールが届くので確認しましょう。

これでmedi8(メディエイト)の広告が表示されることになりました。

ちなみに承認される前でも広告タグを取得してサイトに貼ることはできますが、広告が表示されるのは承認されてからです。

広告タグの取得方法は、「メディア一覧」から「Zoneの数字」をクリックして承認済みになっているのを確認したら「広告タグ取得」をクリックしてください。

上のJavaScriptタグをコピーして、あとは自身のサイトの好きなところに貼り付ければ広告が表示されます。※広告位置を選択している場合は、選択した位置に貼り付けてください。

まとめ

medi8(メディエイト)のアドゾーン(広告枠)申請は、若干ややこしくて却下されるケースも多いです。

しかも、メディアやアドゾーンは削除することができないので注意してください。(削除できなくても問題はありませんが…)

また、申請してから承認まで結構時間がかかることが多いので、一度に3,4個申請しておくと良いですよ。

medi8(メディエイト)の登録方法(図解)

medi8(メディエイト)の登録から使い方、特徴と評判まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加