PayPal(ペイパル)とは?登録方法と使い方まとめ

この記事では、オンライン決済サービス【PayPal(ペイパル)】の登録方法や使い方について紹介していきたいと思います。

 

PayPal(ペイパル)とは?

PayPal(ペイパル)は、世界で約3億人以上が利用する、オンライン上での「支払い」と「受取り」を「安全」で「かんたん」にできるインターネットを利用した決済サービスです。

ペイパルに支払い方法を登録すると、ペイパルのマークがついているお店ではログインするだけのワンタッチで支払いすることができ、支払い情報は相手に伝わらない特徴があります。

それでは、ペイパルの特徴やメリットについて詳しく見ていきましょう。

 

PayPal(ペイパル)の特徴とメリット

支払い情報が相手に伝わらないので安心!

ペイパルでは、支払い情報(クレジットカードやデビットカード、銀行口座)を登録するだけで、IDとパスワードのみで取引が可能になる決済サービスなので、支払い情報を利用する店に伝えずに安心、安全に利用することができます。

ネットショッピングなどを利用する場合、クレジットカードの情報などを入力しなくてはいけませんが、PayPal(ペイパル)のアカウントに予めクレジットカードの情報を登録しておけばその都度入力する必要が無いので非常に便利です。

また、PayPal(ペイパル)アカウントに登録した支払い情報はPayPal(ペイパル)で保護されるため、クレジットカード情報や銀行口座情報は利用するショップに伝わらないので安心して利用することができるのがPayPal(ペイパル)の最大のメリットですね。

PayPal(ペイパル)では、世界2,400万店舗以上で利用することができ、特に海外サイトを利用することが多い決済サービスなので、PayPal(ペイパル)を利用することで情報が保護されるため海外サイトでも安心です。

 

PayPal(ペイパル)の安全性について

支払い情報がペイパル側で保護されるとは言うものの、「ペイパル自体の安全性はどうなの?」というのが気になりますよね?

ペイパルでは、オンラインショッピングでトラブルがあった際、条件を満たせば金額が保護される「買い手保護制度」というものが用意されています。

買い手保護制度では、以下のような場合に返金の対象となりますよ。

  • 代金の支払いをしたのに商品が届かなかった
  • デジタルコンテンツなどダウンロードできなかった
  • 届いた商品の状態が説明や紹介されている内容と著しく異なっている

できれば利用したくはないですが、ペイパルではこの買い手保護制度があるので安心して利用することができますね。

 

 

またペイパルでは、独自の不正防止モデルとして、全ての取引を24時間、365日モニタリングしているので、不振な動きがあった場合にアカウントを制限するなど、被害を最小限に抑える仕組みで保護されています。

個人情報は最高水準の暗号化キーで保護され、クレジットカード会員データを安全に取り扱う事を目的として策定された業界の基準PCI DSS (Payment Card Industry Data Security Standard)に準拠しています。

以上のように、ペイパルのセキュリティは万全といえるのではないでしょうか?

 

カードのポイントもしっかりと貯まる!

ペイパルでは、決済時に登録してあるクレジットカードを利用した場合、クレジットカード独自のポイントもしっかりと貯まります。

例えば、楽天スーパーポイントが貯まる楽天カードTポイントやPayPayが貯まるYahoo! JAPANカードなどを登録して、決済時に利用すればポイントは通常通り貯めることができますよ。

 

 

個人間での送金も可能!

ペイペルでは、友達や家族など個人間での送金をすることが可能です!

離れた相手や飲み会の割り勘など、非常に便利な機能ですよね。

 

ペイパルで個人間での送金や集金するには、アカウントに以下のいずれかの銀行口座を登録して口座振替設定する必要があります。

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行

 

送金・集金は以下の点に注意してください。

  • 送金の上限は1回あたり100万円です。
  • 友達や家族への送金にクレジットカードは利用できません。
  • 買い手保護制度は適用されません。
  • 商用目的には利用できません。

 

 

PayPal(ペイパル)の手数料について

ペイパルでは、日本円・日本アカウントの場合、ショッピング時の支払いや個人間の送金、集金の手数料は無料で利用することができます。※海外送金の場合は、1回あたり499円の手数料がかかります。

また、友達や家族から送金されたお金はペイパル残高に入金され、ショッピングや送金に利用できるほか、銀行口座へ引き出すこともできますよ。

銀行口座へ引き出す場合、5万円以上であれば手数料は無料です。

 

 

PayPal(ペイパル)が使えるお店は世界2,400万以上!

ペイパルが利用できるお店は、ゲームや動画などのデジタルサービスや、ネットショッピング、航空券の手配やホテルの予約などのトラベル・アクティビティなど、世界2,400万以上のお店で利用することができます。

日本国内で利用できるサービスはまだそれほど多くはありませんが、日本では手に入らない海外通販サイトもペイパルならお得に安心してお買い物することができますね♪

また、国内最大級のオンラインショッピングモールである楽天市場の一部店舗でもペイパルを利用することができますよ。

 

 

PayPal(ペイパル)のデメリット

実店舗で利用することはできない

ペイパルは、PayPay(ペイペイ)のようにコンビニなどの実店舗で利用できる決済サービスとは異なり、オンライン決済サービスなので実店舗で利用することはできません。

ていうか、PayPal(ペイパル)とPayPay(ペイペイ)って似ていてややこしいですよね(笑)

 

残高にチャージすることはできない

ペイパルは、クレジットカードや銀行口座などの支払い情報を登録することはできますが、ペイパル残高にチャージすることはできません。

チャージした分だけ利用したいという方にはPayPay(ペイペイ)のような決済サービスを利用した方が良いですね。

 

 

PayPal(ペイパル)の登録方法

ここからはPayPal(ペイパル)に登録(アカウント開設)する方法について紹介していきます。登録はもちろん無料で簡単にできますよ♪

また、ポイントサイト(お小遣いサイト)の「ポイントタウン」や「モッピー(moppy)」を経由してPayPal(ペイパル)アカウントを新規作成すると、お小遣いがもらえてお得に登録できるのでおすすめですよ!

 

 

ポイントサイトを利用するのが面倒という方は、下記のボタンをクリックして直接PayPal(ペイパル)の登録ページに遷移しましょう。

 

 

このような画面(変わる可能性もあります)になると思うので「新規登録(無料)はこちら」をクリックしてください。

 

個人アカウントで支払いに利用する場合は、「パーソナルアカウント」を選択して「新規登録に進む」をクリックしてください。

 

  • メールアドレス
  • 携帯電話番号
  • 国籍
  • 名前
  • パスワード

以上を入力して「次へ」をクリック。

 

すると、登録した携帯電話にSMSが送信されてくるので、コードを確認して入力してください。

 

  • 郵便番号
  • 住所
  • 生年月日

以上を入力して、ユーザー規約およびプライバシーポリシーにチェックを入れ「同意してアカウントを開設」をクリックしてください。

 

以上でPayPal(ペイパル)アカウントの開設は完了です。ここでクレジットカードや銀行口座の情報を登録することができますが、この情報はここで登録しなくても後で登録することができますので、スキップしても構いません。

「アカウント管理画面に進む」をクリックしてください。

 

 

クレジットカードやデビットカードの情報を登録していない場合は、こちらのアカウント管理画面から登録することができます。また、銀行口座の登録もこちらから登録することができます。

PayPal(ペイパル)に登録することができるカードおよび銀行口座は以下のようになっています。

 

 

※銀行口座からお支払いの場合、口座振替設定が必要です。口座振替設定可能な銀行口座を登録し、口座振替設定を完了すると、銀行口座からの支払い、支払いの受取、残高を銀行口座へ引き出すことができます。

 

クレジットカードの登録方法

  1. ペイパルにログインし、画面上部の「ウォレット」をクリック
  2. 「クレジットカード・デビットカードを登録」をクリック
  3. 画面の指示に従ってカード番号などを入力して「カードの登録」をクリック
  4. クレジットカードの登録完了

 

銀行口座の登録方法

  1. ペイパルにログインし、画面上部の「ウォレット」をクリック
  2. 「銀行口座を登録」をクリック
  3. 口座振替が可能な銀行を選択します
  4. 銀行口座情報を入力します
  5. 本人手続きが完了していない方は、この画面で生年月日、職業、ペイパルアカウントの利用目的を入力します。本人手続きが完了している方は、この画面は表示されません
  6. 「銀行のウェブサイトに移動する」をクリックして、各銀行の画面の指示に従い入力します
  7. 口座振替設定が完了すると、ペイパルの画面に戻ります

※一部の新規のお客様や、ペイパルアカウントに制限がかかっている場合は、口座振替設定をしてもお支払いには利用できない場合があります。

 

PayPal(ペイパル)の使い方

PayPal(ペイパル)のアカウントを開設し、支払い方法を登録すればPayPal(ペイパル)を利用して世界2,400万店舗以上のサイトで商品やサービスの購入をすることができるようになります。

ここではPayPal(ペイパル)の基本的な使い方について紹介していきます。

 

PayPal(ペイパル)が使えるお店で支払う方法

まずは、PayPal(ペイパル)が使えるお店で商品やサービスを選択しましょう。

例えば、楽天市場ではペイパルに対応している店舗もあるので、注文時にお支払い方法に「PayPal」を選択して購入することができます。

楽天市場でPayPalを利用する手順

  1. 注文時にお支払い方法「PayPal」を選択して注文する
  2. PayPalの認証を行う
  3. PayPal側でのお支払い方法を選択し、支払いの同意(事前認証)を行う
  4. 楽天市場の注文完了を確認する
  5. 購入完了

 

 

他にも、Hulu(フールー)という動画配信サービスに登録する際には決済方法にPayPal(ペイパル)を選択することが可能です。

決済方法にPayPal(ペイパル)を選択し、PayPal(ペイパル)にログインして登録してあるクレジットカードなどの支払い方法を確認して完了画面にいきます。

このようにPayPal(ペイパル)を利用すれば、Hulu(フールー)サイトにはクレジットカードなどの情報を入力する必要が無いので簡単ですし、情報が漏れる心配もありません。

ちなみに、Hulu(フールー)では通常、月額933円(税抜)がかかるのですが、初めて登録される方は2週間無料で登録できますよ。

 

 

PayPal(ペイパル)で送金・集金する方法

ペイパルアカウントに銀行口座を登録して口座振替設定されている場合は、家族や友達など個人間での送金が可能です。

ここでは、ペイパルを利用して個人間での送金・集金する方法について紹介していきます。

 

個人間での送金方法

  1. ペイパルにログインして「支払い」をクリック
  2. 送金先のメールアドレスを入力
  3. 送金金額を入力
  4. 支払いタイプで「個人間への支払い」を選択(日本のアカウント間・日本円なら無料です)
  5. 確認画面で送金金額、および「友達・家族への支払い」を選択しているか、銀行口座または残高からの支払いに設定されているかを確認し、送金を完了させてください

 

個人間での集金方法

  1. ペイパルにログインし、「請求」をクリック
  2. 送金リクエストを送る先のメールアドレスを入力
  3. 金額を入力
  4. 内容を確認して「今すぐ請求する」クリックして完了

 

 

海外送金について

ペイパルでは、PCからでもスマホからでも簡単に海外送金することができます。

利用方法としては、個人間での送金方法と同様で、アカウントにログインして、相手のメールアドレスを入力して送金するだけです。

その際の手数料は、1回あたり499円(100万円まで)となっているので、海外送金としては非常にお得ですね。

ただし、あなたが保有している通過とは異なる通過で取引が行われた場合(日本円で送金、受取が米ドルなど)は上記のように手数料が発生します。

 

まとめ

以上、PayPal(ペイパル)の登録方法や使い方について紹介してきました。

最近ではネットで商品やサービスなどを購入することが非常に多くなりましたので、PayPal(ペイパル)の最大のメリットでもある、「クレジットカードの情報が利用したショップに伝わらない」ので安心して利用することができますね。

PayPal(ペイパル)を利用できるショップは、PayPal(ペイパル)の決済サービスがおすすめですよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました