楽天カードが突然利用停止に?経験者が理由と解除方法を解説します。

本ページはプロモーションが含まれています

 

楽天カードがいきなり使えなくなった…

なんて経験された方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

私もある日いきなり利用できなくなった経験があるのですが、結論から言うと、理由が分からず楽天カードが利用停止になった場合は、楽天カードのカスタマーセンターに問い合わせて解除してもらうしかありません。

 

そこで、この記事では

  • 楽天カードが利用停止になる理由
  • 利用停止になった場合の対処法

について詳しく解説していきたいと思います。

 

6/14まで!

【楽天カード×楽天モバイル】最大34,000円!

  • モッピー経由:4,000円相当
  • 新規入会&1回利用:10,000円相当

 

楽天カード会員限定!

キャンペーンページから楽天モバイル新規申込で20,000円相当!

「楽天カード×楽天モバイル」34,000円!アツい!

 

 

楽天カードが利用停止になる理由

楽天カードが利用停止になる主な理由としては以下のものがあります。

 

  • 自身で利用停止申請した
  • カードの利用可能額を超過している
  • お支払日に引き落としができなかった
  • カードの切り替えを行った
  • 不正使用の可能性がると判断される取引が検出された
  • 規約違反をしている
  • 磁気不良・カードを破損した
  • カードの暗証番号を複数回間違えた
  • カードの有効期限が過ぎている
  • 本人認証サービス(3Dセキュア)の入力を求められる
  • 定期・不定期の審査(途上与信)で引っかかる

 

それでは、よくあるパターンを詳しく見ていきましょう。

 

自分で利用停止申請した場合

楽天カードは、紛失や盗難したときのサポートとして、「紛失・盗難専用ダイヤル」を設置しています。

24時間対応していて、国内・海外から利用停止手続きを行うことができます

 

この記事を見ていただいている方は、おそらく何らかの理由で「楽天カード側」から利用停止されていると思うのですけど、カードを紛失した場合や盗難被害にあった場合には、すぐに「紛失・盗難専用ダイヤル」に連絡して自身で利用停止手続きをしましょう

万が一不正利用された場合でも、「申し出から60日まで」さかのぼって補償されますからね。

 

ただし、利用停止をすると、カードは無効となるので「新カードの再発行手続き」を行う必要があるので注意してください。

 

利用可能枠を超過している場合

カードの利用可能残高が、限度額の上限に達している場合、カードの利用が停止されます。

ここで注意したいのが、利用可能枠は毎月1日から月末までの1ヶ月間にカードを利用できる金額の上限ではなく、毎月27日の引き落としから2~4営業日後に利用可能額に反映される金額です。

 

【カード利用可能枠が50万円の場合】

引用:楽天カード

 

また、カードを2枚持っている場合、利用可能枠は「1枚目と2枚目のカードで共通の利用枠となり、利用可能枠の大きい方が総利用可能枠」となるので注意が必要です。

 

引用:楽天カード

 

楽天カードが利用停止になった場合は、まず「楽天e-NAVI」で利用可能枠を超えていないか確認しましょう。

また「楽天カードアプリ」を利用すれば、利用可能枠や利用明細などが簡単に確認することができるのでおすすめですよ。

 

支払日に引き落としができなかった場合

楽天カードの支払日は、毎月27日(土・日・祝日の場合は翌営業日)ですが、ここで引き落としができなかった場合は、カードの利用が停止されます。

ただし、以下の金融機関を引き落とし口座に設定している場合は、再振替サービス(自動再引き落とし)の対象となります。

 

引用:楽天カード

 

再振替サービスは、仮に引き落とし日(毎月27日)に引き落としができなかった場合、翌日から4営業日連続で「自動再引き落とし」されるサービスです。

  • ゆうちょ銀行の場合は月末最終日
  • 3ヶ月連続で再振替サービスで引き落としができなかった場合、再振替サービスの対象外となります

 

再振替サービスを利用できない金融機関や、対象日を過ぎてしまうとカードの利用停止になるだけではなく

  • ショッピング利用:年率14.6%
  • キャッシング利用:年率20%

という、えげつない遅延損害金が発生するので、毎月27日までには確実に支払えるように準備しておきましょう。

 

引用:楽天カード

楽天カードが利用停止になった場合は、楽天e-NAVIにアクセスし、上記のような表示が出ていないか確認してください。

表示されている場合は、引き落としができていないので、赤色のバーからリンク先へと飛んで振込先口座番号や受取人名義を確認するようにしてください。

 

支払いの延滞が続くと、強制解約となるので注意してくださいね。

 

不正利用の可能性があると判断された場合

楽天カードでは、犯罪被害から守るため、24時間365日カードのモニタリング(不審カード利用チェック)を行っています。

例えば

  • 過去の不正使用のパターンと類似した
  • 不正の可能性があると判断された

などがある場合、カードの利用を一時的に保留するというシステムです。

 

とはいえ、この「不正利用の可能性があると判断された場合」は、楽天カードからメールや電話での確認が入るとのことなので、そのような連絡がなく利用停止されている場合は、その他の理由で利用停止になっている可能性が高いですね。

 

引用:楽天カード

 

ただ、メールやショートメッセージの場合、詐欺の可能性も否定できないので、念のためメール内のURLはクリックせずに、Webブラウザから楽天e-NAVIにアクセスし、利用内容を確認するようにした方が良いでしょう。

 

規約違反している場合

楽天カードでは規約違反をした場合、利用停止となります。

例えば

  • 紛失や盗難の届けが出ているカードを利用
  • チケットや金券の大量購入や転売目的での商品購入
  • カード会社に対する暴力的な行為
  • 虚偽情報の申告

などの場合、楽天カード規約違反として利用停止されます。

 

ただ、自分では「規約違反なんてしていない!」と思っていても、規約違反かどうかを判断するのは「楽天カード会社」なので、事情説明の機会が与えられる可能性もなく利用停止となる場合もあるので注意が必要です。

 

定期・不定期の審査(途上与信)で引っかかった場合

ここまでの項目に該当しない場合は、途上与信で引っかかったことも考えられます。

楽天カードでは、定期または不定期に会員の状況を再審査(途上与信)しており、再審査の結果、楽天カード側が必要と判断した場合はカードの利用が停止されます

また、この場合は同時に楽天e-NAVIでの照会や手続きができなくもなります。

 

公式では発表されていませんが、以下のようなタイミングで再審査され、途上与信で引っかかることが多いようですね。

  • キャッシング利用
  • 利用枠の増枠
  • 楽天カードをまったく利用していない

 

途上与信で引っかかった場合は、利用停止後にほぼ強制解約となるみたいですよ…

 

利用枠の増枠申請したら楽天カードから再審査され「強制解約」されたこともあるみたいですよ!

楽天カードは、新規入会時はほぼ審査がない分、再審査が厳格となっているようですね。

 

楽天カードが利用停止になった場合の対処法

ここまで楽天カードが利用停止になる理由について見てきましたが、私が利用停止になったときはこのどれにも当てはまらなかったんですよね。

私が「楽天カードが利用できない!」と気づいたのは、楽天市場で登録している楽天カードでいつものように買い物すると、このようなメールが楽天市場から届いたからでした。

 

 

「楽天カードの利用承認が得られない?」

「何じゃそれ?」となりましたが、仕事中だったのでとりあえずそのまま放置しました。

そして、その日の帰りにガソリンを入れようと楽天カードを入れたところ「このカードはご利用いただけません」の表示が!

 

おいおい、マジで楽天カード使えなくなってるやん…

 

すぐさま帰宅し、楽天e-NAVIで「楽天カードが使えない場合の対処方法」を調べてみました。

ですが

  • 利用可能枠は超過していない
  • 支払い延滞していない
  • 「不正利用されている」という連絡はない
  • 規約違反していない(はず)
  • 途上与信に引っかかってない(楽天e-NAVIが利用できているため)

という感じで、どの項目にも当てはまらなかったんですよね。

 

カスタマーセンターに問い合わせて解除してもらう

楽天カードが理由も分からず利用停止になってしまったので、楽天カードのカスタマーセンターに問い合わせてみることにしました。

楽天カードのお問い合わせ窓口は

  • 自動音声専用ダイヤル(無料)
  • コンタクトセンター(有料)
  • チャットサポート

が用意されていますが、カードの利用停止に関するお問い合わせは、コンタクトセンター(有料)とチャットサポートの2つです。

どちらも営業時間が9:30~17:30となっています。

 

 

さらに、現在はコロナの影響で、対応してくれる社員の出社制限などをしているみたいなので、マジでつながりません!

しかも、カード裏面に記載されているコンタクトセンターへの電話は、使用回線ごとに異なりますが、20秒ごとに約10円かかる(かけ放題対象外)ので、できればチャットサポートを利用したいですね。

 

ただね、このチャットサポートは、普通に働いている会社員にとってはかなりの無理ゲー…

私もつながるまで結局2日かかりましたが、1つ言えることは

スマホを忍ばせておいて、チャットサポート営業時間は、アクセスした状態で逐一チェックするしかないです。

 

 

チャットサポート担当の方とつながったら、本人確認のため「お客様情報」を入力します。

本人確認が完了すると、担当の方がカードの状態を調べてくれるので待ちましょう。

 

利用停止の理由は「有効期限の入力の誤り」だった!?

さて、チャットサポート担当の方が調べてくれること数分で返答が来ました。

 

 

んん…?

「有効期限の入力の誤りが複数回」?

 

まぁ、考えればめちゃくちゃ単純なことだったのですけど、カードの更新で有効期限が変更になった場合は、楽天カードで毎月決済している公共料金などのカード情報も変更しなければいけませんからね。

ただ、最近はカードが更新されても利用先が自動で更新してくれるところが多かったので、全然気にしていなかったですが、どうやら、とある楽天カード継続決済の利用先でカード情報が更新されていなかったので、それが原因だったと思われます。

何はともあれ、これで楽天カードの利用停止を解除できました!

 

でもさー、何にも連絡なくいきなり利用停止ってどうなのよ?

 

まぁ、これも勉強ですね。

カードの更新時は、楽天カードで継続決済している利用先の登録情報を確認するようにしましょう!

 

意外と忘れがちな「カード更新時の有効期限の変更」。こういった理由でも楽天カードの利用が停止するので注意してくださいね。

 

クレジットカードは2枚以上持つべき

さて、無事に楽天カードの利用停止解除ができたわけですが、ある日いきなりカードが利用できなくなると、普段から現金をほぼ持ち歩かず、クレカやスマホで決済している方は本当に焦りますよね?

 

経験談から言えることは

クレジットカードは2枚以上は持っておくべき!

ということですね。

 

私も普段から現金は持ち歩かず、楽天カードをメインで決済することが多いです。

なので、利用停止になったときは焦りましたが、もう一枚持っていたクレジットカードPayPayカードのおかげでガソリンも入れれましたし、買い物をすることもできました。

この時はクレカをもう一枚持っていて本当に良かったなと思いましたね~。

クレジットカードがいきなり利用停止になるのは意外と起こることなので、リスクヘッジのために2枚以上持っておくことをおすすめしますよ。

 

【年会費無料】おすすめのクレジットカード

クレカを作るなら

  • 年会費無料
  • 使いやすさ

で選んだ方が良いでしょう。

個人的におすすめのクレカは以下にまとめましたので参考にしてみてください。

 

カード名 特徴
楽天カード カード利用で「楽天ポイント」が貯まる
PayPayカード カード利用で「PayPayボーナス」が貯まる
三井住友カード(NL) カード利用で「Vポイント」が貯まる
リクルートカード(JCB) カード利用で「リクルートポイント」が貯まる
イオンカード(WAON一体型) カード利用で「WAONポイント」が貯まる
au PAY カード カード利用で「Pontaポイント」が貯まる
ファミマTカード カード利用で「Tポイント」が貯まる

 

上表のクレカは、年会費無料で使いやすいポイントも貯まるのでおすすめ!

 

クレジットカードを発行はポイントサイトを経由するのがおすすめ

クレジットカードを新規で発行する場合は、公式サイトからではなく、ポイントサイトを経由するのがおすすめです。

 

ポイントサイトとは、ネットでの申し込み時に経由することで、現金や電子マネーなどに交換することができるポイントを獲得できるサービスサイトのことです。

ポイントサイトの仕組みについては「ポイントサイトとは?どこよりも詳しく徹底解説!」をご覧ください。

 

つまり、ポイントサイトを経由してクレジットカードを新規発行すれば

  • 現金などに交換することのできるポイントサイトのポイント
  • クレジットカード側で行っている新規入会キャンペーンポイント

ダブル取りができてめちゃくちゃお得になります!

 

例えば、この記事更新時点で「モッピー(moppy)」というポイントサイトを経由して「楽天カード」を新規発行した場合

  • 11,000円分のモッピーポイント
  • 8,000円分の楽天ポイント

合計19,000円相当のポイントを獲得することができます!

※獲得できるポイントは常時変更となります。

 

これは利用しないともったいないので、クレジットカードを新規発行するときはポイントサイトを経由しましょう!

 

「モッピー(moppy)」か「ハピタス」を経由すれば間違いない!

クレジットカードの新規発行は、ポイントサイトを経由するのがお得なのは分かったけど、どのポイントサイトを利用すればいいの?

クレカに限らず、ポイントサイトの広告を利用するなら「モッピー(moppy)」か「ハピタス」を利用すれば間違いないよ!

 

 

この2つのポイントサイトは、サイト内のポイントレートが「1ポイント=1円」で分かりやすく、クレカなどの広告案件がめちゃくちゃ高還元なのでおすすめです。

 

例えば、先ほど紹介したクレジットカードを「モッピー経由」で新規発行した場合、記事更新時点では以下のようにポイントを獲得することができます。

カード名 獲得ポイント 詳細ページ
楽天カード 11,000円相当 楽天カード詳細ページ
PayPayカード 3,500円相当 PayPayカード詳細ページ
三井住友カード(NL) 6,600円相当 三井住友カード(NL)詳細ページ
イオンカード(WAON一体型) 4,000円相当 イオンカード(WAON一体型)詳細ページ
au PAY カード 1,200円相当 au PAY カード詳細ページ
ファミマTカード 1,500円相当 ファミマTカード詳細ページ
※掲載しているポイント数は記事更新時点のものです。ポイント数は変動するので詳細ページで確認してください。

 

こんな感じでポイントがもらえるので、クレカの新規発行時はポイントサイトを経由しよう!

 

まとめ

では、まとめていきたいと思います。

 

  • 楽天カードはいきなり利用停止になることがある
  • お知らせメールが来ていないか確認
  • 楽天e-NAVIで確認
  • 「エラーコードが出ている」
  • 「理由が分からない」
  • カスタマーセンターに連絡
  • チャットサービスを利用するのがおすすめ
  • リスクヘッジのためクレカは2枚以上持つ
  • クレカの新規発行はポイントサイトを経由

 

と、いった感じですね。

また、カード更新で有効期限が変わった場合は、継続決済している利用先のカード情報を変更しないと、私のように利用停止になることもあるので注意してくださいね!

 

手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました